おとよめ

女性向けマンガのレビューとか

Category: 一迅社 (page 2 of 2)

遺されたのは、わたしと、妹の恋人だった男。 -小西明日翔「春の呪い」1巻


■夏美にとって世界の全てだった妹、春が死んだ―――。
妹の思い出を巡るため、夏美は『妹と二人で行った場所に私を連れていってほしい』という条件を付け、妹の婚約者だった冬吾との交際を承諾する。愛する妹を奪った男と二人、巡る季節がはじまり・・・・・・。



Continue reading

これは良いロリ -神江ちず「しかばね少女と描かない画家」1巻


■全ては天才女流画家・ジュリの死からはじまった。彼女の才能を諦められない博士は、その”魂”を少女・リリの遺体に移し替える。青年画家・ネルは、リリに絵を教えるように頼まれる。死体の少女と引きこもりの青年画家。生と死の狭間でうつろう二人の穏やかな日々がはじまる。



Continue reading

Newer posts

© 2019 おとよめ

Theme by Anders NorenUp ↑