おとよめ

女性向けマンガのレビューとか

Category: KADOKAWA (page 2 of 2)

オカルトな事件は区役所にお任せあれ! -たもつ葉子「真夜中のオカルト公務員」1巻


■東京23区全ての区役所に人知れず存在する“夜間地域交流課”。そこは“オカルト的事象”を解決する、特殊な課だった。晴れて公務員となった社会人一年生の宮古新は、何も知らないまま配属される。悪魔や天使、妖怪といった、人ならざる者を総称して「アナザー」と呼ぶその課では、新のあらゆる常識を覆すことに……。さらには新宿御苑で出会った天狗に「安倍晴明だ!」と言われてしまい……!?



Continue reading

少女よ、命の限り女の子がれ! -川床たろ「オンナノコガレ!」1巻


■碓氷塁は、野球と美味しいごはんが大好きな女子高生。おしゃれとは無縁に生きてきたが、馴染みの床屋が閉店したのを機に、生まれて初めて美容室を訪れることに。そこで担当についた美容師は、まさかの“オネエ”……!オネエの美容師・シノブの手で、塁はどう変わっていくのか―!?



Continue reading

僕の妻は妹でした -茜田千「さらば、佳き日」1巻


■ある地方都市に“新婚夫婦”として引っ越してきた、圭一と晃。
ふたりの陰には、大きな「秘密」があった……。



Continue reading

母の遺言から始まる俺の異国での旅 -たらちねジョン「グッドナイト、アイラブユー」1巻


一人で、母を看取った。
「私の死を、ロンドンの友人に伝えて」
そう書かれた遺書に従い、大学3年生の夏、大空は久しぶりに再会した兄と共に、イギリスへ渡ることになった。
初めて訪れた異国の地で、母の若き日、兄の秘密、そして“家族”の真実に出逢うとは知らずに……。
たらちねジョンが鮮やかに描き出す、ファミリールーツジャーニー第1巻。



Continue reading

2人で描く、三角関係…。 -椿カヲリ「赤飯ちゃんとすもも君」1巻


赤面症で、あだ名が「赤飯」の亘理苺花は、15歳の高校1年生。学校を病気で長期欠席をしていた彼女が久々に登校した文化祭で出会ったのはメイド姿の美女・「すもも」。「私のはじめての“おともだち”になってもらえませんか……?」だけど彼女の正体は、苺花に一目惚れしたクラスメイトの男の子・桃井旬。本当は苺花と恋愛関係になりたいのに「おんなともだち」になってしまって……



Continue reading

Newer posts

© 2018 おとよめ

Theme by Anders NorenUp ↑