おとよめ

女性向けマンガのレビューとか

Category: シルフ

死神と少女の、儚いラブストーリー -椿カヲリ「死神に嫁ぐ日」


■深い森の奥の奥『死神の森』を訪ねた少女の願い。それは「死神に自分を殺してもらうこと」。けれど、彼女の祈りに、死神の青年は答えた。「結婚して、子供を産み、その子を育て終えるまでは殺さない」。それなら、と少女は言った。「ならわたしを、あなたのお嫁さんにして……あなたに殺されるために」。椿カヲリが紡ぐ、死にたがりな少女と死神の、小さな恋物語。



Continue reading

恋こじらせた男女3人の青春群像劇 -田倉トヲル/射和輪「こじ恋」


■こじれてしまった気持ちの中にある言葉をさがそう。
“男の子がトラウマ”で、同年代の男子が苦手な高校2年生・つかさ。けれど、彼女の家が営む民宿に、2人の男子高校生が下宿することになる。松岡蓮、女子全般が嫌いな高校3年生。三輪稜平、男女関係なく、誰にでも「好き」ち言ってしまう高校3年生。「こじらせ」×「恋」を田倉トヲルが繊細な筆致で描く、青春群像物語。



Continue reading

第二次性徴期を迎える少年少女の甘酸っぱい恋と成長 -KUJIRA「さくちゃんとのぞみくん」1巻


■男の子のようにふるまう少女・朔。そんな彼女が初めて恋をしたのは、女の子のような長い髪をした少年・希だった。「初潮」「声変わり」「初めてのブラジャー」、そして「初恋」……。
 心も体もまだ不安定な、小学生から中学生の間の四年間を描いた、甘酸っぱい思春期ストーリー第一巻。



Continue reading

2人で描く、三角関係…。 -椿カヲリ「赤飯ちゃんとすもも君」1巻


赤面症で、あだ名が「赤飯」の亘理苺花は、15歳の高校1年生。学校を病気で長期欠席をしていた彼女が久々に登校した文化祭で出会ったのはメイド姿の美女・「すもも」。「私のはじめての“おともだち”になってもらえませんか……?」だけど彼女の正体は、苺花に一目惚れしたクラスメイトの男の子・桃井旬。本当は苺花と恋愛関係になりたいのに「おんなともだち」になってしまって……



Continue reading

© 2017 おとよめ

Theme by Anders NorenUp ↑