おとよめ

女性向けマンガのレビューとか

Category: 講談社 (page 1 of 9)

もう一度あなたに会いたい…その想いが奇跡を起こす -川端志季『世界で一番早い春』


■人生を変えるくらいの大切な出逢いがあった。でも、私はあなたに、まだ何も返せていない……。
晴田真帆は、大ヒット作を完結させた26歳の漫画家。いよいよ新連載を始めるはずが、担当編集の嵐に「何も描けない」と告白する手紙を送る。実は真帆が描いてきた漫画は、10年前に亡くなった先輩の設定ノートを形にしたもので、真帆の心には「ある後悔」が残っていた……!!



Continue reading

愛と裏切りと絶望のラブサスペンス -丘上あい「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」


■35歳の爽は、夫とふたり暮らし。結婚して10年経つが子作りをしようとしない夫に、爽は「子供が欲しい」という本心を打ち明けられずにいた。そんな爽の気持ちを晴らしてくれるのは、年下の友人・瑠衣と行きつけのバーで語りながら飲む時間。瑠衣の勧めで、夫に本音を打ち明けた爽は……。



Continue reading

長谷さんは生々しいエロさが足りない -石田拓実「カカフカカ」7巻


■7巻発売しました。
元カレで添い寝(+α)関係だった本行ととうとう、付き合うことになった亜紀。それは大きな変化のはずなのに、以前より本行の態度が素っ気ないような……?添い寝を提案しても流されてしまい……?悩める亜紀を食事に連れ出した長谷は、「寺田さんのことが好きだ」と真正面から告白!そのまっすぐな言葉は、本行との泥沼状態がしんどくなっていた亜紀にガツンと響いて……!?



Continue reading

映画化もしますが本編はなかなかヘビーです -有賀リエ『パーフェクトワールド』7巻


■7巻が発売しました。
樹と一緒に建築の仕事を始めたつぐみ。仕事は順調に進むが、上棟式と迎えた朝、大きな地震が起こり、樹と連絡が取れなくなる。樹の安否を確認するために、つぐみは余震の続くなか友人・圭吾の力を借りて樹の家までたどり着く。そこでつぐみが見たものは……?



Continue reading

節度ある危うい距離感にドキドキ -蒼井まもる「さくらと先生」4巻


■4巻発売しました。
さくらは2年制に進級し、担任が藤春先生になった。嬉しい反面、うまくやっていけるかちょっぴり不安……。そんな中、修学旅行の時期になりさくらは飛行機の席が先生と隣に。周りに生徒がいる中、こっそり手をつなぐ2人。さらに、旅行先で……!?



Continue reading

Older posts

© 2018 おとよめ

Theme by Anders NorenUp ↑