おとよめ

女性向けマンガのレビューとか

Category: 講談社 (page 2 of 7)

あるある満載ドルオタJKコメディ -吉田ばな「矢野くんに推し変はできない!」


■推しに人生を捧げるドルオタ女子高生・松田慧。ある日、最推しのアイドルグループ「LOVE LETTER」のコンサート会場で、自推しにそっくりなイケメンのガチオタと出会う。そのイケメン、実は慧のクラスメイトで……!?



Continue reading

彫刻の才能が分かつ友情 -会田薫「恋する仏像」


■寡黙で人付き合いが苦手な無我は、人気者で自分とは正反対の幼なじみ・零雄とともに、幼い頃から仏像彫刻に打ち込んでいた。無意識に零雄に合わせ、力をセーブしていると指摘された無我は、徐々にその実力を開花、彫刻の楽しさに目覚めていく。一方、零雄は、無我の変化に焦りを感じ始め……!?



Continue reading

恋も事情も絶対ナイショの寮ラブコメ! -アサダニッキ「恋とヒミツの学生寮」


■心臓が胸を破りそうなくらい、どきどきしてる。
勉強が苦手だけど楽しい高校生活を送っていた鈴森あさひ。ある日火事で住む場所を失ってしまい、エリート専用寮「蛍雪館」でこっそり暮らすことに!そこで出会った謎の男の子・高木夜風と関わりだして……!?



Continue reading

捨てられた娘と捨てた父親の、親子やりなおし物語 -糸井のぞ「真昼のポルボロン」


■わたしはこの世界から必死にあらがっている……。
自分をこの世界に連れ出し、すぐに捨てた父親への嫌悪感から9歳の少女・るつぼは父親を許さないと決めて生きてきた。だが、そんな二人が期間限定で「親子」をすることになり!?



Continue reading

互いに救われ、救い合う、素晴らしい物語でした。 -森野萌「おはよう、いばら姫」6巻


■「丘の上のおばけ屋敷」と噂のある空澤家の一人娘・志津は、美郷哲と過ごすうちに、少しずつ本来の人間らしい感情を取り戻して変わっていく。だけどそれは別れのはじまりだった……!?憑依体質少女と家政婦男子のボーイ・ミーツ・ガール、感動の完結巻!



Continue reading

Older posts Newer posts

© 2017 おとよめ

Theme by Anders NorenUp ↑