■地元の名家であり、代々病院を経営する御手洗家が全焼するという不幸な事件があった。原因は妻の火の不始末とされ、彼女は燃え盛る家の前で土下座して謝罪し、家族は離散した。13年後、山内しずかと名乗る女が家事代行として御手洗家で働きはじめる。彼女を出迎えたのは御手洗家の後妻・御手洗真希子。完璧な仕事ぶりで契約にこぎつけた山内しずかだが、彼女が御手洗家に潜入したことには真の目的があった……。嫉妬、羨望、野心、憎悪……すべてが絡まり、もつれ合う、本格ホームサスペンス!!



Continue reading