■地味な高校生活を送っていた志穂だけど、ある日、クラスで一番の人気者の藤吉くんと急接近!別世界の人だと思っていたはずの藤吉くんに淡い想いが芽生えていって……!?新星ストーリーテラー、初コミックス!





 麻岡ままん先生の初単行本です。コミックスの履歴を見ると、別フレのアンソロに掲載があるようですね。ピンクでキラキラとした表紙が印象的ですが、中身も表紙から受ける印象そのままという感じで、実に瑞々しく可愛らしい初恋物語が描かれていました。


 物語の主人公は、クラスでも地味なグループの志穂。相手役は、冒頭にもある通り、クラスで一番の人気者・藤吉くんです。属するグループからもまず接点のないであろう2人でしたが、体育の時に、ボールがぶつかりそうになったところを助けてもらい、後日丁寧にお礼を言ったことをきっかけに、挨拶をしたり、ちょっと話をしたりするような仲に。別世界の人だと思っていたけれど、話してみると意外と普通で親しみやすい彼に、少しずつ心を開いていき……というストーリー。




>
あんまり話したこともないので、互いにはじめは敬語から。よそよそしくはじまる関係に、どんどん変化が見られていきます。




 割とありがちなストーリーといえばその通りで、突拍子もない展開もなければ、個性的なキャラクターも登場しません。主人公の志穂は絵に描いたような普通(むしろ地味)女子で、一方の藤吉くんも、クラスで一番の人気者と言いつつ、ハイスペックイケメンということではなく、どちらかというとその持ち前の明るさでクラスの中心にいるような、三枚目タイプです。言ってみれば実に普通な二人が出会い、普通に恋が芽生えて……という、実にオーソドックスな物語展開。けれどもその”普通”な過程を、これ以上無いほどに愚直に丁寧に描くから、ちゃんと少女マンガとして成り立っているし、何よりめちゃくちゃ親しみやすく感じられるんですよね。初めて言葉を交わした直後は互いに敬語だったり、互いに話しかけるのは何かしらの口実がなければだめだったり、そして距離が縮んで来ると、少しずつ特別感を醸し出しはじめるあの甘酸っぱい感じだったり、いずれのシーンも微笑ましい。





かなり好意を表に出しているのですが、いかんせん志穂は自信もなければきっかけもないので、こんな感じでありながら一歩踏み出せないという。




 順調すぎても物語が進みませんから、当然色々とアクシデントは起こります。やはりありがちなのは、二人で親しげにしていると、ふざけてそのことをいじってくる周囲の面々というアレ。特に藤吉くんはイジられタイプなので、余計にそういう傾向が。クラスの中心的グループからそういった声をかけられてしまうと、地味グループの女の子は当然萎縮してしまうわけで、そんな状況を、遠慮がちな2人がどう乗り越えていくのかが、ひとつ物語の見所となっています。


 単行本には表題作のほか、読み切りが一作掲載されていますが、こちらもフォーマットは同じですね。内気なヒロインが、クラスのお調子者とひょんなことから接点を持ち、徐々に好きを積み重ねていくという内容。こちらも表題作に負けず劣らずピュアで、心洗われるようでした(笑)いずれも幸福感溢れる王道的少女マンガで、読んで良かったです。



【感想まとめ】
2作読んで感じたのは、優等生的というか、真面目さや誠実さを随所に感じるというところ。内気女子とヘタレ男子というフォーマットもそのピュアさとマッチしており、個人的にはかなり好印象でした。絵柄等やや安定しないところはありますが、初単行本なのでそんなのは小さなこと。是非次作もチェックしたい漫画家さんだと思いました。



作品DATA
■著者:麻岡ままん
■出版社:講談社
■レーベル:KC別フレ
■掲載誌:別冊フレンド
■既刊1巻



ためし読み