■母を亡くし、ひとりぼっちになった神凪さいかは、微かに血の繋がりがある覡(かんなぎ)家の養女となった。そこにはクセありまくり(ただし美形)の三兄弟が待ち構え、さらにはお上の命で「幼神様を育てる」ことに。脳筋モデルの長男にパシらされたり、冷血研究家の次男に罵られたり、メガネ王子の三男に優しくされたり……。そんなこんなで神様の子供を育てるため、女子高生さいか、母になります!





 紗与イチ先生のASUKAでの連載作になります。いわゆるオリジナリティ溢れるファンタジーということで、毎回説明するのが難しいのですが、本作は冒頭のあらまし紹介がいい感じで説明になってるので、割愛しちゃいます。ちなみにちょこちょこと補足しますが、なんで幼神を育てる必要があるかというと、八百万の神々の寿命が尽きるのを予兆して、次代の神を育ててあげる必要があるから。で、その役を担う(『神預かり』と言います)のが代々の名家であり、今回はヒロイン・さいかが養子として迎え入れられた、覡家というわけ。


 「親になる」と言いつつも、イメージ的にはブリーダーに近いです。さいかが養子として迎え入れられたのは、幼神を育てる神預かりが4席で、三兄弟だと一人足りないから。それぞれに違う神様を育て、無事に成長させることが使命となります。なので家族として迎え入れられつつも、周りの視線はどちらかというとドライ。なんというか、こういう作品に登場しがちな心無いお金持ちという感じです。



イケメン三兄弟。お好きな相手をお選びください。


 さて、さいかと一緒に神預かりになる三兄弟ですが、それぞれ全く似ていなくて個性的。おあつらえ向きに、それぞれ違うイケメン男子を揃えましたという感じで、この辺はさすがASUKA系の作品だな、と。長男はガタイの良いオラオラ系のイケメンでモデルさん。次男は長男とは打って変わって、気難しい研究者。この長男と次男が非常にクセが強く、さいかへの当たりも強いです(というか、空気読まずに歯に衣着せぬ物言いをするという感じ)。そんな2人とは対象的に、三男の和希はメガネの優しい男の子という感じで、さいかに対しても歓迎ムード。新しい環境に戸惑うさいかを、優しくサポートしてくれます。


 さいか自身は田舎のヤンキー風の女の子で、金髪ピアスにミニスカート&赤いタイツと個性的な風貌。養子に入ったことで、通っている学校も変わり、いきなりお嬢様学校へと転入させられるのですが、圧倒的に浮き、ここでも適応に苦労するという、なかなか大変な目に遭います。家でも敵が多いし、学校でも居場所が無くて……と。ただそんな状況をただただ受け入れられるほどヤワでは無く、持ち前の負けん気の強さで、自らの居場所を、自分の手で作り出していきます。この逆境に負けないバイタリティの高さは、見ていて気持ちが良いですね。あとなんやかんや面倒見が良くて素直なのが、田舎のヤンキー女子的で可愛らしくて好きです。


 さいかが育てるのは赤い狐の幼神。長男から「カップ麺かよ」というツッコミを受けますが、見た目はなかなか可愛らしいです。ただし、三男曰く「こんな神様は文献でも見たことがない」と言われるなど、今後荒れそうな伏線が貼られております。また幼神様を狙う悪党というものもおり、場が動く要素はてんこ盛り。淀み無く物語は転がっていきそうで、飽きることは無さそうです。



幼神さま。狐ってかイーブイっぽい印象が。彼がメインのはずなのですが、表紙にもいない(卵の状態)だし、見返すとそんなに登場してないです。


 ちょっとばかし気になるのは、恋愛方面どうなるんだろうというところ。魅力的な三兄弟に囲まれてはいるものの、腐っても兄弟なわけで、立場的に恋愛しづらい面は多少なりともありそうです。まあそもそも成就することをゴールにしていないのかもしれませんが、物語的な奥行きという意味で、その辺どう展開していくか注目。


 ワチャワチャと色々な要素を詰め込んだ物語ですが、大筋はシンプルで、読みにくさは一切ありませんでした。設定的な緩さも無くはないのですが、しっかりとエンタメ要素に落とし込んでいるのでその辺もあまり気になりません。全体的にさすがこなれた感じが出ていて、久々にこの手のファンタジーで「面白いな」と感じた一作でした。オススメ。



【感想まとめ】
着地がどうなるのかもよく分かりませんが、分からずともその瞬間を楽しめるだけの面白さがある作品でした。



作品DATA
■著者:紗与イチ
■出版社:角川書店
■レーベル:ASUKAコミックスDX
■掲載誌:ASUKA
■既刊1巻



ためし読み