■「レシピ通りに作ってんの? マジメだねー!!」


大学進学のため、石川県から上京してきた文絵(あやえ)。
彼女の特技はアイディア満載のズボラ飯!
今日も大きなひとりごとでクッキングレポ始めまーす☆


一方、隣室に住む理一(りいち)は頭を抱えていた。
物静かなイケメンくんは、薄い壁から漏れる隣人・文絵の意味不明な言動に今日もしかめっ面。
しかし彼女の美味しそうな調理実況にだんだん興味が出てきて…


正反対のふたりが”食”で繋がる楽しいデイリーライフ。」





 ここ数年でグルメ・食マンガが激増しておりまして、飽和状態がしばらく続いています。「飽食の時代」なんて言われて久しいですが、今はさながら「飽”食マンガ”の時代」とでもいったところでしょうか。最近は異世界転生ものが猛威を奮っておりそこまで目につかないんですけれど、隙あらば食マンガという風潮はしばらく続くでしょう。


 これだけ食マンガが飽和している中で個性をアピールするのも大変で、各社各人、あの手この手で様々なテーマを見つけ出しています。ひねりすぎた結果「父親との想いを大切にしすぎたがために、”山田”と名のつく店にしか行かない女子高生が主人公のマンガ」や、「日本酒が好きすぎて、一周回った結果、はじめて家に招き入れたイケメン男子にワンカップを出してしまうOLが主人公のマンガ」といった、クレイジーな作品も登場するなど、どんどん先鋭化している感が。もちろん多様性という意味では面白く、また中には大ホームランもあったりするので一概にバカにも出来ないんですが、たぶん食マンガを求めてる層って、そこまでエッジの効いた作品は求めてないんじゃないかなぁ、と。で、そんな中今回ご紹介する本作、『お隣さんと今日のご飯』は、なかなかにちょうどよい作品。


 あらましは冒頭の通りで、大学生のお隣さん同士が料理でつながるという、ボーイミーツガールな料理漫画。主人公の文絵は石川県から上京してきたお上りさんで、念願の一人暮らしに目を輝かせています。性格は明るく元気で、小さなからだに反して声は大きめ。料理は姉から教わり、効率重視のズボラ飯がお得意。YouTuberかというぐらいに細やかにハッキリと、そして楽しそうに、日々料理実況(ひとりごと)をしております。





これは完全に私の妄想なんですが、たぶん舞台となってるアパート、レオ○レスじゃないかと思うんですよね。なぜなら文絵の料理実況、驚くほどにお隣に筒抜けなので。ついつい夢中で頑張る君にエールをおくりたくなるシーンがちょこちょこと出てきます。




 物語は文絵の元気な料理実況(ひとりごと)が、お隣さんの男子・理一の耳に届くことからはじまります。メガネの理系クールイケメン・理一くんもおなじ一年生で、一人暮らしで料理をはじめたばかり。几帳面な理系男子で、料理をする時も工程・分量ともにレシピ通りというきっちりさん。互いに料理ビギナーなので、メニューが被ることがあるのですが、壁越しに聞こえてくる手順が、自分のものとあまりにかけ離れていて、しかも適当なので、イライラしつつも逆に興味が湧いてきてしまうというアレ。


 本作が面白いのは、お隣さん同士を描いたラブコメチックな作品なんですけれども、序盤から中盤は特に会ったり話したりせず、壁越しにヒロインの声を聞いているだけで展開するところ。たぶん半分ぐらいはそんな状態です。これもレオ○レスだからこそ。文絵は元の絵柄も相まってかなりマスコット的で、ひとりでワイワイ料理を作っていても成り立つし、単調になりそうであれば、お隣の理一くんによる心のツッコミで味変できるという。そんな調子で、意外と飽きずに読み進めることができます。





 後半にかけては、二人がひょんなことから顔見知りになり、頻繁に声かけ合うような間柄になって、おすそ分けや、果ては一緒に料理をしてみたりと、「お隣さん」ならではの定番エピソードがずらり。




 かくしてようやくラブコメ的進展が見られるのですが、個人的に面白かったのは、理一くんがストーカーを疑われてしまうというくだり。勝手に暴走する文絵と、誤解をうまく解けない理系男子ならではな雰囲気が微笑ましかったです。基本は料理なんですけれども、こういうちょっとしたエピソード使いがうまく、それもまた読みやすさにつながっているように思います。


 巻数はついていないのでこれで完結なんだと思うんですが、全然まだまだ続けられるところでの幕引きで、個人的には少しばかり続きを期待したいと思います。一方で、続きが出なかったとしても、「レ○パレスだから、たぶんあの問題で退去させられたんだな……」と思うだけなので、大丈夫です(大丈夫ではない)



【感想まとめ】
面白かったです。サクッと読める良コメディ。料理も親しみやすいものばかりで、一人暮らし始めたばかりの頃を思い出しました。



作品DATA
■著者:コメ
■出版社:ふゅーじょんぷろだくと
■レーベル:Be!COMICS
■掲載誌:コミックBe
■全1巻



ためし読み