おとよめ

女性向けマンガのレビューとか

女子高生と中年男の入れ替わりドラマ -ヤマシタトモコ「WHITE NOTE PAD」1巻


1年前、体と人格が入れ替わった男女。
小田薪葉菜(女子高生・17)と木根正吾(自動車工・38)は、ある日突然、体と人格が入れ替わってしまった。別人の体のままで1年が過ぎ、偶然2人は再会する。少女の体になった男は容姿を磨き美しい読者モデルに、中年男の体になった少女は記憶喪失扱いで定職を失っていた。再会した“自分”はあまりにも違う“自分”になっていて……。




 ヤマシタトモコ先生のフィーヤン連載作です。なんと入れ替わりものという意欲作。通常入れ替わりものと言えば、「転校生」に代表されるように、同年代同士での入れ替わりが定番。しかし本作は、オッサンと少女が入れ替わるという変わり種です。入れ替わりものですから当然双方の視点から物語が描かれるわけですが、そこはBLを描いていた強みか、少女視点でもオッサン視点でも違和感無し。


 小田薪葉菜は花の女子高生ですが、これといって目立つ存在ではなく、スクールカーストでも中の中といった少女でした。一方の木根正吾も、38歳で独身。自動車工としてはそれなりに腕は立ちますが、取り立てて誰かから羨まれるような人生ではありませんでした。その二人が入れ替わりをきっかけに人生が一変。すぐにそこに適応したのは木根でした。メイクやおしゃれを学び、読者モデルとして人気に。入れ替わりを「強くてニューゲーム」と言い表します。一方の葉菜は戸惑いのまま定職も失い、アルバイトなどで日銭を稼ぐ日々。物語はそんな二人が再会し、読者モデルをしているツテから、雑誌の編集部での雑用係として葉菜を紹介するところから始まります。


WHITENOTEPAD10001
女性誌の編集部にオッサンというのはなかなか馴染まなそうですが、中身が女子高生なので、その素直さも相まってかなり溶け込みます。


 読者モデルとして成功している木根と、何もかも失っているかのような状態の葉菜。入れ替わって1年経過してからの差は歴然ですが、ずっとそんな状態が続くわけではありません。木根は読者モデルとしてのこれからを模索せねばならなくなりますし、入れ替わった葉菜を目の前に、入れ替わっている事実や自分自身の過去などが思い混ざり、段々と不安定に。一方の葉菜は、外見はオッサンだけど中身は女子高生で、その女子高生ならではの感性と見た目とのギャップから事務所に馴染み、段々と自分自身の居場所を見出していきます。この近い所にいながらの変化ややり取りが実に面白い。


 どちらかというと木根の方が印象的なのは、それだけ積み重ねた過去があるからなのでしょう。切り替えを早く読者モデルとして成功できたのは、自分自身の人生における後悔や失敗があったからこそ。けれども人生嫌なことばかりではありません。楽しみにしていたことは当然あり、それらがふと目の前に現れたりしたら入れ替わる前の身体に未練を抱いたりもするものです。


WHITENOTEPAD10002
入れ替わってからの“それから”にフォーカスが強く当たるのが普通ですが、彼の場合は掘れば掘るほど色々出てきそうで、未来と過去の両面で楽しめるのが良いところかな、と。


 もちろん葉菜のこれから、そして過去も楽しみ。これだけの年の差ですから二人同士の恋愛なんてものもひとまずは無いのかなぁと思っていますし、どこか殺伐とした雰囲気の中で流れる全く異なる境遇の二人のやりとりに、目が離せません。これはなかなか面白いお話になるんじゃないでしょうか。


【感想まとめ】
入れ替わりものなので基本的に好きだし面白いのですが、本作はさらに一味違った面白味があり、要チェックの一作かと思いました。オススメ。



作品DATA
■著者:ヤマシタトモコ
■出版社:祥伝社
■レーベル:FC Swing
■掲載誌:フィールヤング
■既刊1巻



ためし読み

1 Comment

  1. さささき

    2015-12-24 at 22:54

    いつも楽しみに拝見しております。
    今回ためしよみのリンクが間違ってるみたいですよー。
    普段コメント等書き込まないため用件のみですみませんが、とりあえずご報告を。

コメントを残す

Your email address will not be published.

*

CAPTCHA


© 2017 おとよめ

Theme by Anders NorenUp ↑