■碓氷塁は、野球と美味しいごはんが大好きな女子高生。おしゃれとは無縁に生きてきたが、馴染みの床屋が閉店したのを機に、生まれて初めて美容室を訪れることに。そこで担当についた美容師は、まさかの“オネエ”……!オネエの美容師・シノブの手で、塁はどう変わっていくのか―!?




 Comic it発の新刊です。Comic itは連載作のジャンルの幅が非常に広く、ファンタジーからリアリティ、シリアスからコメディまでなんでもござれというような様相ですね。本作はジャンル的にはコメディになるでしょうか。


 ヒロインは、女子高生ながらおしゃれにはこれっぽっちも興味のない、野球大好きっ子の塁。行きつけの床屋さんが閉店してしまったため、髪はぼさぼさ伸ばしっぱなし。これではいけないと、床屋のおばあさんに知り合いの美容師を紹介してもらいます。そこで登場したのが、なんとオネエの美容師・シノブさん。初めての美容室で、初めての人種と出会った塁はのっけから帰りたさMAXになりますが、いざヘアカットをしてもらうとびっくり。鏡に写っていたのは、まるで別人のように素敵なった自分の姿でした。以来「おしゃれ」というものに少しずつ興味を持ち始めた塁は、私服選びにヘアセット、さらにはメイクと、「女らしさ」の道を一歩ずつ踏み出してゆくのでした……。


オンナノコガレ0001
初めての美容院で感動。これをきっかけに、おしゃれの世界に足を踏み入れてゆくことになる。


 女性がおしゃれに目覚めるキッカケって、何が多いのでしょう。男は圧倒的に「モテたい」だと思うんですけれども、女性の場合はもう少し違う感覚が占める部分が大きいのかもしれません。ヒロインの塁はオシャレに興味は持ちますが、まるで恋愛とは無縁といった状態。彼女にとってオシャレは手段ではなく、目的なんですね。知らぬ世界に触れる楽しさがあると共に、見た目の問題なので、短時間でその成果が目に見えて表れるというわかりやすい喜びがそこにあります。


 物語は1話ごとにおしゃれテーマがあり、ビギナーな塁に、シノブさんや友達がおしゃれのイロハを優しくレクチャーしてくれる形で展開していきます。めちゃくちゃ基礎的な知識から教えてくれるので、男性の自分も勉強になります。普段なかなか触れない世界なので、こういうのって結構面白く感じるんですよね。どこで使えるってわけでもないんですけれども(笑)


 こういう作品を読んで毎度「面白そう」「楽しそう」と感じると同時に、「女性って大変だなぁ。毎日毎朝こんなことしてるのか……。」という思いに駆られます。自分はコンタクトつけるのも面倒なのでメガネってぐらいにこういったことには無頓着なので、ただただ尊敬でございます。楽しいという感覚……自分のよりおしゃれな世界にもっと深く足を踏み入れれば、味わえる境地なのでしょうか。ともあれ本作は非常に楽しい作品で、しばらくは本作で女性のおしゃれ成分を吸収したいと思います(適当)。


【感想まとめ】
前向きにおしゃれを楽しんでいるヒロインの姿は見ていて楽しいですし、オシャレに関する知識を読みながらつけることができるので、知識欲求も満たされるという二度美味しい作品。オススメです。



作品DATA
■著者:川床たろ
■出版社:KADOKAWA
■レーベル:it comics
■掲載誌:コミックit
■既刊1巻



ためし読み