■ダメ!期待したらダメ!
でも、もしかして……
このひとなら大丈夫……なのかな……?

超ネガティブガール×超押せ押せイケメンの追いつ追われつ恋のビッグバン?第1巻!




 タアモ先生の作品を読むのが何気に久しぶりだったりするのですが、「たいようのいえ」完結後の新連載作になります。ちょうど「となりの怪物くん」のろびこ先生も新連載を開始し、つい最近1巻が発売されましたが、看板作家さんの新連載がそろい踏みで、今一度デザートに注目しておきたいですね。というわけで、「地球のおわりは恋のはじまり」のご紹介です。今度の主人公は、超絶ネガティブ思考の女の子・真昼。ネガティブ思考の源泉となっているのは、自分とは似ても似つかない妹・真夜の存在。可愛くていつも人の輪の中心にいる彼女は「選ばれた人間」であり、自分は「じゃない側の人間」。そんな自分は何事も期待して生きてはいけないと、自ら好んで不運を取りに行き、幸運が起これば「不幸の予兆!」と恐れおののくような子になってしまったのでした。そんな彼女の前に現れたのが、高校に入学して同じクラスになったイケメン・蒼。なんだかとても真昼に興味があるらしい彼の積極アプローチを前に、「こんなにイイことがあったら、明日地球が滅びてしまう!」と全力で拒否する真昼ですが…というお話。




地球のおわりは恋のはじまり0002
 蒼は異様なまでに真昼にこだわり、何度拒否されてもめげずにブレずに積極的にアプローチを仕掛けてきます。口説かれ慣れていない真昼は、彼の積極攻撃を前にもうタジタジで、最初こそガードを固く保ちつつも、徐々に崩されていく様子が手に取るようにわかります。蒼がなぜそこまで真昼にこだわっているのかは1巻では明かされないのですが、以前から彼女のことを知っていた様子で、とても気になるところ。なおそれを差し引いても余りある積極性とキラキラ感に、真昼がネガティブで無くても引くレベルなんですけれど、あまりにも頑なな真昼には、このぐらいが丁度良いのかもしれませんね。




 そんな二人の関係を彩るのが、クラスメイトのツンツン美少女・守谷さんと、蒼の友達であるこれまたなんとなく攻撃的な男子・銀河。タアモ作品に登場するキャラクター達は誰もが問題を抱えている感じがするのですが、メイン2人にこの脇役2人もまた色々と厄介な問題を抱えていそうなのがありありと伝わってきます。恐らく今後、仲良くなった彼らが想いあい助け合い、時にぶつかり合いながら関係性を深めてゆく青春物語が描かれてゆくことでしょう。




地球のおわりは恋のはじまり0001
守谷さん。ツンツンながら可愛いです。




 作品を取り巻く全体的な雰囲気は、タアモ作品らしく、言葉足らずな断片的なセリフのやり取りで展開していきます。初期作品ではそんなに違和感なく読んでいたのですが、「たいようのいえ」の真魚あたりからその傾向が顕著になっていますかね。気づけばそれがスタンダードになっているような感もあります。正直だけれど核心に触れないセリフ運びは、それぞれが抱える秘部を守るのに丁度よく、2巻への盛り上がりを演出するのに一役買っているように思います。1巻はいわば舞台づくりであり、本格的に物語が動いてゆくのは2巻以降と思われます。今回もたっぷりタアモ先生っぽさを感じられる1作です。



【感想まとめ】

まだ1巻で、それぞれの背景もあまりわからないゆえにどうこう言える段階ではないのですが、それでも十分にタアモ先生らしさを感じさせる、真面目ながらも楽しい雰囲気の作品となっています。2巻も要注目です。



作品DATA
■著者:タアモ
■出版社:講談社
■レーベル:KC デザート
■掲載誌:デザート
■既刊1巻



ためし読み