■お葬式から始まる、ドラマがある…。
売れない女優・音村いづみは殺人事件の被害者役にもやりがいやプライドを持つ28歳。そんなある日、声の良さを見込まれて司会の仕事が舞い込んできた。結婚式ならと二つ返事で引き受けたものの、当日現場についてびっくり。なんと式は式でもお葬式だったのだ。今まで出席したこともない人生初のお葬式を、無事取り仕切ることが出来るのか!?そして彼女が目にしたドラマ以上にドラマチックな光景とは……。




 金魚すくいマンガで話題を集めた大谷紀子先生の新連載になります。表紙を見れば分かる通り、今回のテーマは葬儀屋さんです。マンガは割りと「死」やそれに関わる仕事を扱った作品が数多くあるので、このテーマについては意外性があるとは思いませんが、それでも人生で数多く触れる世界というわけでもないので、その内実や働き手のやりがいなどは気になるものです。


 主人公の音村いづみは売れない女優さん。28歳ですが、これまでこれといった代表作は無い一方、死に方・殺され方に定評があり(嫌な定評)、オファーされると大抵殺人事件で殺される役というのがお決まり。今日も今日とて撮影現場で死んできた後、今月と来月のお仕事の予定が白紙という状況の中、知り合いの花屋さんからお仕事を紹介されます。それが冒頭にもある通り、お葬式での司会のお仕事。全く想定していなかった内容にたじろぐ音村さんですが、そこで目の当たりにしたのは、想像と全く違う感動的なお葬式。思わず涙し心動かされた音村さんは、「この世界を覗いてみたい!」と強く感じ、その葬儀屋さんで働かせてもらうことにするのでした。町のこぢんまりとしたその葬儀屋で、クールで謎の多いイケメン葬儀プランナーの産神の下、音村さんの葬儀屋としての仕事がはじまってゆくのですが…というお話。




おとむらいさん0001
 ヒロインの音村さんは、28歳には見えないくらいに大人びた雰囲気の女性。派手さはない分、お葬式にも馴染みます。性格はかなり真面目で、プロとしての誇りを持っており、どんな仕事も手を抜かずに全力で取り組みます。そんな地味な女性が女優になったのは、とある映画監督の映画に感動し、その監督の作品に是非とも出てみたいと願ったから。日頃誰かから影響を受けたり、大きな感動をするタイプではありませんが、一度心突き動かされると、そこに向かって愚直に努力することが出来る実に誠実な女性です。メガネでしっかりとまとめた髪の毛が実に似合う。




 そんな音村さんの上司となるのが、謎多きイケメン葬儀プランナーの産神。あまりオブラートに包まず、思ったことをストレートに口に出すタイプで一見人当たりが悪そうなのですが、一度お客様の前に立つとこれが凄腕のプランナーへと大変身。顧客に合った様々なプランを考えだし、最高の葬儀を作り出します。どうしても日陰的に見られがち、また決して明るいお仕事ではない葬儀屋ですが、彼はお葬式を「人生ドラマ」と言い放ち、誇りを持って仕事に臨んでいます。そういう意味では、音村さんと仕事に対する姿勢は似ているかもしれませんね。


 物語は基本的に1話で1つのお葬式という感じで進んでいきます。昔のテンプレートな葬儀から、最近は個々人に合わせた様々な葬儀が開かれているらしいですが、そういった多様化の流れを汲んで、本作が生まれたと言っても良いかもしれません。人間である以上、そこには必ず物語があるわけで、そんな物語の最後を締めくくる「お葬式」を、時に暖かく、時に感動的に描き出していきます。




おとむらいさん0002
結構ズバズバ言う産神さん。こんな態度ですが、それはこの世界のあれこれをわかっているからこそ。仕事にはプライドを持ち、いつも静かに全力で臨んでいます。




 また産神さんには何やらちょっとした”過去”があるようで、物語をすすめる中で、そのへんも徐々に明らかになってゆくことでしょう。葬儀屋の代表もなかなか素性の知れぬ男なので、そのへんも掘ってもらえると面白そう。今のところ恋愛要素はゼロで、正直お葬式を通して恋を描くというもなかなか難しそうではあるのですが、音村さんと産神さんの組み合わせでちょっとだけ期待しておきましょうか。とはいえお葬式から描かれる家族や親しい人たちとの人間ドラマで、感動要素は十分。恋愛が無くとも全然おもしろい作品に仕上がっています。今のところ、葬儀屋さんの綺麗な部分にフォーカスして描かれていますが、決して現実はそうではないと思っているので、多少なりとも汚い部分や辛い部分も巻が進むと共に描かれたら、より作品としての深みが増しそう。そういったところも含めて描き出し、なお葬儀屋の仕事は素晴らしくやりがいがあるのだと、魅せつけてほしいな、と思うのです。


【感想まとめ】
扱いの難しいテーマですが、きっちり魅せる内容に仕上がっており、読み応えがあります。前作に引き続き、おすすめです。



作品DATA
■著者:大谷紀子
■出版社:講談社
■レーベル:KC BE・LOVE
■掲載誌:デザート
■既刊1巻



ためし読み