■「ふつう」の夜を過ごす人々の、気持ち温まる、ちょっぴり不思議で可笑しな12の瞬間。
結婚を控えたクールなOLが、深夜に巡る記憶の彼方<追憶のネットサーフィン>
昼は高校生、夜は世界を救う魔法少女たちのイマドキの悩み<魔法少女の現実問題>
3徹中の修羅場マンガ家の眠気は限界、見えないものが見えてきて<わたしの睡魔>
などなど珠玉の12編に加え、各話の登場人物たちが織りなす4コマ漫画を描き下ろし収録。




 獄まいこ先生による、祥伝社のWEBコミックサイト「FEEL FREE」から単行本化されたのが本作。存じ上げていなかったのですが、獄まいこさん、漫画だけでなく、むしろイラストレーションや冊子・小物なども作られている、漫画家というよりはクリエイターと呼んだほうがしっくり来そうな方でした。表紙もシンプルな色使いながら上品で、かなり好きな雰囲気。内容も何も紹介していませんが、表紙で「お!」と思った方は、手に取っても後悔しないんじゃないかと思います、なんとなく。


 さて、本作は12編の短編が収録されています。一応「夜」がテーマとなっているのですが、かなり広いテーマゆえに、結果的に短いページの中で自由に様々なお話が描かれています。時にファンタジーであったり、時にリアルな話であったり、少年が主人公だったり大人の女性が主人公であったり……登場人物や設定の幅が広いことに驚かされます。それぞれの話の共通的な特徴を挙げるのもなかなか難しいぐらいなのですが、しいて言うなら、「これといって特に何も起こらない」ことが特徴と言えるでしょうか。単行本の帯には「なんてことないふつうの人たちが、なんてことなくふつうに異常な獄まいこワールド。」と瀧波ユカリ先生が言葉を贈っているのですが、なんていうかいい意味で「ふつう」なんですよ。時に魔法少女が登場したり、ドラキュラが登場したりするんですが、彼女らが生きているのは紛れも無い日常で、何か起こるのはオンの世界ではなく、オフの世界で。ゆえに設定こそ非日常でありながら、そこに広がる物語はどこまでも日常的な匂いが感じられるという。


なんてことないふつうの夜に0002
夜がテーマだけに、夜空もちょいちょい登場します。明るい夜、暗い夜、静かな夜に、賑やかな夜…人々の感情を重ねつつ、様々な夜が描かれます。


 

 「ふつう」なんですが、ふつうと言うには不可思議な世界観があったり、変わったキャラクターが出てきたり……かといってセンセーショナルであったりオフビートかというと、そこまでのパンチは無く、地味なのかと言われると、別に華が無いわけでは無いし。大きな感動があるわけでもないし、綺麗にオチるわけでもなし。じゃあ退屈なのかというと全然退屈ではなくて、むしろ驚くほど引っかかりなくスッと物語が身体の中に入ってくる感覚が心地良いんですよ、これが。それぞれのお話を読み終わった時、良い意味で残るものが何もなく、心持ちはスッキリ。おいしい水を飲んだあとのような、なんとも形容しがたい不思議な心地よさがあるんですが、この感覚をどう伝えたら良いのか。あまり漫画を読んでいて味わうことのない感覚でした。


 心地よさの源泉となっているのは、明確な悪意が全くと言って良いほど登場しないからかもしれません。一応トラブルはあるんですが、身から出たサビだったり、なんとなく笑えてしまえるような小さなモノで、嫌な気に当てられる瞬間が殆ど無いんですよね。

 

 個人的にお気に入りだったのは、漫画家が、実体を伴って現れた睡魔と戦うという「わたしの睡魔」。睡魔というと悪魔的なものをイメージしてしまうのですが、風貌は心優しいサラリーマンという感じで、そのギャップに萌えました。また引きこもりの男の元に、人形サイズのお手伝いロボットが届くという「机の上のコンシェルジュ」も、ちょっとしたラブコメ風味で良かったです。


なんてことないふつうの夜に0001
「机の上のコンシェルジュ」より。コンシェルジュのアリスが可愛いんですよ。


 唯一「捻ってきたな」と思うのが、2.5次元胃袋。メタ的な視点で展開するアイデアは割りとよく見られるものなのですが、ここまで清々しくそれだけを描き続けるという勇気とでもいいましょうか。もしかしたら実験的に楽しんでいる部分もあるのかもしれませんが、様々な試みが見られて興味深かったです。


 おまけ漫画は、それまでの登場人物が一同に介してあれやこれやとコミュニケーションを取るという一風変わった内容。チョイ役のキャラクターも登場していたりと、なかなかキャラクター愛が感じられる内容になっています。形式は4コマなんですが、4コマになると割りと起承転結のメリハリがついて、本編とはまたちょっと違った面白さがありました。


【感想まとめ】
スッと読めて、スッと身体に染みこんでいき、消えていく感じ。不思議な読み心地の良さがある短編集でした。何度も読みなおしても良さそうな、素敵な作品集だと思います。



作品DATA
■著者:獄まいこ
■出版社:祥伝社
■レーベル:FEEL ミックス
■掲載誌:FEEL FREE
■全1巻



ためし読み