■「運命の恋」を夢見る栞。高校入学を控えた春休み、共通点の多い男子・樹と出会う。お互いすぐに惹かれあい、カップルに。だけど彼に裏切られ、別れを決意!!次こそ「運命の恋」を…と思っていたら、高校で樹と再会しちゃって!?





 「婚約生」を描かれていた岩ちか先生の新連載です。あらすじは冒頭の通りで、恋に夢見るヒロインと、そんな彼女の夢を打ち砕いた男とのラブコメ。ヒロインの栞は、少女マンガのような恋に憧れる女子。高校の時に出会いそのまま結婚したという両親の話を聞いて、初めてのカレと生涯を過ごす恋人になりたいと夢想していました。高校入学前の春休みに、ひょんなことから樹という男子と出会い、瞬く間に意気投合。そのまま付き合うことになります。けれども段々と連絡が来なくなり、ある日彼が別の女の子と歩いているのを目撃。挙句「そんな真剣に好きじゃなかった」「正直うざい」「運命の恋なんて絶対ない」と散々暴言を吐かれたため、パンチをお見舞いしてお別れ。絶対に運命の相手を見つけてやるんだと息巻いて高校に入学するのでした。しかしいざ教室に行ってみると、そこには別れた相手・樹の姿が!入学早々に、二人が付き合っていたことが明るみになり、栞の恋はいきなり暗礁に乗り上げるのですが…というお話。



 クラス内では、二人が付き合っていたというだけでなく、どういう理由で別れたかというところまで広がってしまい、栞は「夢見がちな重い女」として認知され、男子たちから敬遠されてしまいます。


けれども持ち前の前向きさと明るさで、徐々にクラスに溶け込み、男子たちちも少しずつ距離が近づいていきます。今度こそ運命の相手を見つけるぞ…と頑張る彼女なのですが、なぜだか一番一緒になってしまうのは、別れた樹。それもそのはず、元々二人は共通点が多いということで意気投合したワケで、自ずと一緒になってしまうのでした。


 ヒロインの栞は、どちらかというと活発な性格。前作「婚約生」はヒーローもヒロインも共に静かという印象があったので、そこからするとかなりギャップがあるキャラクターをメインに据えてきました。これだけ主人公の性格を振り幅持って描けるというのは正直意外で、驚きました。恋に恋するだけあって、恋多き女子という印象。ただなかなか実績が伴わない。恋愛対象としてなかなか好いてもらえないのは、シチュエーションのせいなのか、性格のせいなのか…。


 一方の樹は、軽沢という名字が表している通り、軽くて女好きという典型的なチャラ男風味の男です。付き合った当初にヤリ急いでギクシャクするなど、まあこういうやついるよねっていう。ただそれだけではヒーローは務まりません。その裏で、意外な一面を持っていたりするのです。



あとなんだかんだ、栞の性格をきちんと把握していて、よく観察しているという。ただそれを表になかなか出せないんですよね。器用そうでいて、どちらかというと不器用なタイプなのかもしれません。


 最初こそいがみ合っていた二人。悪いところばかりが目についていましたが、高校生活をともに過ごすことで、段々と良いところが見えてくるようになります。それぞれ最初に嫌な部分を見せあっていたからこそ、相手の前では作らずに、自然体でいられる楽さもあったり。口では「嫌い」と言いつつも、時間と共にそんな感情は消えゆき、最初に抱いていた恋愛感情が再び生まれてくるように。1巻ではその気持を自覚できるかどうかというところで終わっており、2巻への楽しみはたくさん残っています。果てさて、どんな恋模様をこれから描いていくのやら…。



【感想まとめ】
前作とは打って変わって活発で動きのめまぐるしいキャラクター二人による、賑やかなラブコメとなりました。1巻時点では特筆するところのない普通の少女マンガという印象なのですが、2巻に向けて面白そうな仕込みが幾つかあり、次巻への期待感は高いです。



作品DATA
■著者:岩ちか
■出版社:集英社
■レーベル:マーガレットコミックス
■掲載誌:マーガレット
■既刊1巻



ためし読み