■ベビーシッター見習いの詩春ちゃんと、天使の双子・茜ちゃん&葵くんとの、いとしく温かい日々から数年……。あの小さかった茜ちゃん&葵くんが今度は小学5年生!?でも、子供だっていっぱい悩み事はあるんです。クラス替えにクラブ活動、そして新しいお友達……。ハートフルな双子の成長ダイアリー・第1巻。





 「LOVE SO LIFE」のこうち楓先生の新連載です。次はどんな作品を描くのかと楽しみにしていたのですが、手堅く続編と相成りました。今度のメインは、茜ちゃんと葵くんです。あれから月日は流れ、茜ちゃんと葵くんも小学5年生に。おじいちゃん・おばあちゃんの家で、お父さんと共に暮らしています。あんなに小さかった2人も、友達に勉強にクラブ活動に、色々と考え悩むようになってきました。新しい出来事へのワクワクと、初めて直面する悩みと、日々成長を重ねる2人の日々を、前作同様に温かく優しく描き上げます。





こんな感じに育ちました。性格も違いはありつつも、とりあえず二人ともかわいい…!




 前作の後半では双子とは言え、なんとなく性格が分かれてきていた二人。5年生になった今、どんな感じに育っているかというと、まず茜ちゃんは元気で明るい快活な女の子になりました。友達想いで、時にビシっと言いたいことを言えるような、友達の多そうな子です。一方の葵くんですが、こちらは茜ちゃんとは反対にクールボーイに育っております。なんていうか大人びているというか、落ち着いているというか、達観しているというか……。あまり感情は表に出さず、お父さんにすら的確すぎるツッコミを入れたりすることもしばしば。ともあれどちらも、その年頃にしてはしっかり者に育っております。


 1巻は茜ちゃんがメインとなっており、葵くんはそんなにフォーカスされることはありません。どうやら2巻ではフォーカスされるとのことで、これから交互に視点が入り混じりつつ進んでいくのでしょう。物語の中心は、色々なクラス行事であったり出来事であったり。絵がうまい大人しい子と友達になったり、参観日でお父さんお母さんでなくおばあちゃんが来ることを気にしたり、クラブ活動に一喜一憂したり……微笑ましい光景が広がっています。こうち楓先生の作品って、基本的に悪意のある人が登場しないので、本当に優しい世界を堪能することが出来るんですよね。もちろんトラブルや怒りといった出来事・感情は登場するのですが、最後はちゃんと落ち着くべきところに落ち着くので、安心感があるというか。前作同様に、極めてハートフルな内容と言えるでしょう。


 5年生ともなると初恋の時期かと思いますが(むしろ今の子とかもっと早いんでしょうねきっと)、今のところそんな描写は無し。ただこれからきっとそういうエピソードが登場してくること請け合いなので、今から楽しみです。たぶんそれは茜ちゃんの役目なんだろうなぁ。


 さて、そんな二人とは離れて暮らす詩春と松永さんのエピソードも、もちろん描かれます。あくまでサブエピソードの位置づけではありますが、このあたりが描かれるのも続編の良いところですよね。茜ちゃんと葵くんに頻繁に電話をかけるなど、場所は離れていても、登場回数はそこそこありそうです。しかしさすが数年経っていることもあり、詩春と松永さん、完全にカップルの雰囲気で実に自然。互いに遠慮していた初々しさも良かったですが、これまでと違う雰囲気を楽しめるのも悪くないですね。





完全に恋人なソレ。




 あと当たり前といえば当たり前ですが、これだけ長い間付き合っても、詩春はきちんと松永さんに敬語を使って、かつ「松永さん」呼びであったことに安心しました。でもこれ結婚したらどうするんだろ、自分も松永さんになりますからね。でも一度呼び慣れちゃうと、変えるのって結構難しかったり。結婚してからも敬語で話すのかなぁとか、色々想像出来て楽しいです。



【感想まとめ】
前作を呼んでいなくても全然楽しめるハートフルストーリーですが、詩春などのエピソードをより楽しめるということもあり、俄然読んでいた方が面白いと思います。というか買う人達もきっと前作ファンの方でしょうし。またしても、なんだかんだ買い続けちゃいそうです。



作品DATA
■著者:こうち楓
■出版社:白泉社
■レーベル:花とゆめコミックス
■掲載誌:花とゆめ
■既刊1巻