おとよめ

女性向けマンガのレビューとか

Page 2 of 43

かけがえのない2人の、ひとつの区切り。 -あきづき空太『赤髪の白雪姫』19巻


■ベルガット家との争乱に一区切りがつき、休暇を楽しむゼンは、リリアスに戻る白雪達と共に北の地へ。一方、ミツヒデは実家に滞在中の木々を訪ねる。それは、心に秘めた想いを木々に伝える為だった!一人の騎士が人生を懸けた矜持を示す第19巻!



Continue reading

キラッキラのアイドルと双子なのに、自分は… -糸なつみ『パチンコ店員Aはアイドルになれない』


■TVの華やかな世界で笑顔を振りまく大人気アイドル。かたや、せっかく就職できたデザイナーの仕事を辞めて、パチンコ店で働くしょぼくれた俺。そっくりな顔なのに……。双子なのに……。今までずっと『同じ』だと思っていたのにある日突然、気がついてしまった。”あいつ”と”俺”、一体何が違うっていうんだぁ……!とあるパチンコ店員AとアイドルAの、こけて、つまづいて、時々起き上がる双子の物語。



Continue reading

もう一度あなたに会いたい…その想いが奇跡を起こす -川端志季『世界で一番早い春』


■人生を変えるくらいの大切な出逢いがあった。でも、私はあなたに、まだ何も返せていない……。
晴田真帆は、大ヒット作を完結させた26歳の漫画家。いよいよ新連載を始めるはずが、担当編集の嵐に「何も描けない」と告白する手紙を送る。実は真帆が描いてきた漫画は、10年前に亡くなった先輩の設定ノートを形にしたもので、真帆の心には「ある後悔」が残っていた……!!



Continue reading

滅びゆく世界の片隅で 君と見上げた星空の上 -大家「終末の惑星」


■空に浮かぶ大きな星、ペテルテナト。地球へと堕ちてくるこの星をアリサは密かに綺麗だと思っていた。「将来2人で宇宙に行ってペテルテナトを近くで見よう」。友人のセナと約束をしたアリサだが、彼女の元へとある文書が届き……。表題作「終末の惑星」を筆頭にTwitterで人気の作品、さらに2本の描き下ろし作品を収録です。



Continue reading

女の醜さ愚かさ美しさ、そして強さに圧倒されろ -松崎夏未「ララバイ・フォー・ガール」


■もがき、傷つけ合い、慈しみあう、女たちの青春は美しい。
親は学校に反抗する同級生を冷めた目で見ていた優等生・かな。かなを変えたのは、ギャルのゆきなとの出逢い。「メイクも勉強も120%でやらないと気が済まない」というゆきなの考え方に触れ、いつのまにか夢見ることを諦めていた自分に気づいて……。表題作を含む全4編を収録した、著者渾身の極上ガールズ青春譜。



Continue reading

« Older posts Newer posts »

© 2019 おとよめ

Theme by Anders NorenUp ↑