■7巻発売しました。
泉と直彦に自分の気持ちを言うことを決意した英二。直彦を前に、英二が語る過去とは……。小春は元彼との関係にギクシャクしながらも前に進もうとするが、泉にイライラをぶつけてしまい……!?一方、瑞穂も太一に話があると切り出して……?




進んでないけど進んでる

 7巻発売しました。え、もう気がつけば7巻?全然そんな感じしないんですけど。同じこと、前のレビューの時も書いてたような……。印象は相変わらずなんですが、振り返ると結構色々な出来事が起きているし、なんならめちゃめちゃちゃんと進んでる。でもなんというかそういう風に感じられないのは、繰り返しになりますが、関係性に完全な区切りがついていないことと、出来事が詰め込まれるペースとか進む速度が一定で、ある種淡々ともにょもにょしているからかな、という気がします。気が早いですが、こんな雰囲気のまま、余韻たっぷりに最終回も終わってほしい。



振られた2人の印象的な対比

 さて、7巻のメインどころは英二の決意と、小春の前進だと思うのですが、まあそこは置いておきましょう。個人的に印象的だったのは、フラれ組の対比です。恋を自覚し、想いを伝えた池澤さん。前巻がまさに見どころで、今巻は順番的に一回休みという状況。フラれても悲観的な印象はなく、むしろ一層その恋を、恋をする自分というものを認めたような清々しさすら感じられていましたが、それはしっかりと7巻でも発揮されました。



壁ドンおねだり

 いやー、これは今までの池澤さんにはなかったぞ。めちゃ照れるわけでもなく、なんならキラキラさせて真っ直ぐ英二を見据えてますから、好きって言ったことを逆手にとってるぐらいの勢い。これは逞しいですよ。もちろんノーダメージではなく、努めて意識的に英二と触れ合っているわけですが、これだけ前向きに付き合えるってのはすごいことだな、と。恋する女子の強さを垣間見た瞬間でした。


 それに対して太一ですよ。未だ引きずってる感MAXで、友達から助け舟すら出される状況だったりするわけですが、今回改めて池澤さんと対峙して、その対比が浮き彫りになりました。池澤さんから、英二に振られたという事実を聞かされたとき、一緒に落ち込んじゃうんですよね。落ち込んだのか気まずくなったのかわからないですが。これ、人が人なら振られた直後でチャンスにすら受け取ったりすらしそうなものですが、たぶん本当に優しいんでしょうねぇ。そんな発想にならず、一切つけいる素振りもなく、なんならキリっと前向きな表情を見せる彼女を前に完全にフラれた感。



そんで泣く


 うん、力になれたんだからえらいえらい。自分に振り向いてくれもしない池澤さんのことを想って泣ける、このどこまでも優しい姿こそ太一の良いところなんだなと、7巻にしてようやく気づかされました。さて、これで吹っ切れてくれれば良いのですが、どうなんでしょうね。8巻以降の太一に注目です。



一番彼氏彼女してるのは英二と直彦

 前回もちょこっと書いたんですが、男女の友情がそこはかとなくBLっぽいよねっていう話。前回、LINEブロックされてなくてほっとするという、喧嘩中の男女みたいな女々しさを見せた英二ですが、なんかその雰囲気を7巻でも引きずっているといいますか。色々思い思われ、付き合い別れしてますけど、一番彼氏彼女的な動きしてるのってやっぱり英二と直彦なんじゃねぇかなって思うわけですよ。


 なんか仲直りのための話し合いの待ち合わせをLINEでやってソワソワしたりするところとか、ふたりの出会いから回想してくところとか、もうシーンの端々にそういう感じが散りばめられていてニヤニヤしちゃいましたよ。話し合っている時も、男二人が自分の恋愛の話を真剣にするってのがまずレアなので良いですし、やり取り一つ一つがまた……。



なんかこういうやり取りも、女々しいなぁって(誉め言葉)。
お前は何を確認しようとしているんだよっていう。


 なんて、ふざけてBLだBLだとキャッキャしてたら、とんでもないのぶっこんできてびっくりしましたよ。今回の見どころは間違いなくここでしょう。なんなら全話通じて一番になるかもしれない。



キス

 もうこれで最終回でいいんじゃないかな。いや、なんていうか…さすがにここまですると思ってなかったからさ。うん、なんか急に冷静になったよ。というわけで、いよいよ英二8巻にして泉に想いを打ち明けます……と思いきや、なんだか雲行きが。今回も、なんだかもやもやした形で終わりましたが、この作品はだからこそ良い。早く8巻発売してください。楽しみに待ってます。